【大仁田反省会】大仁田厚氏がパイルドライバーでレフェリーデビュー!?…試合結果

2017年12月3日20時22分  スポーツ報知
  • リングに設置した机でパイルドライバーを放つ大仁田氏

 10月31日に後楽園ホールで7度目の引退試合を行った元プロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(60)が3日、東京・新木場1stRINGで引退試合後初のイベント「大仁田反省会」でレフェリーデビューを果たした。試合結果は以下の通り。

 ▽第1試合(史上初無刺鉄線電流爆破風6人タッグマッチ30分1勝負)

 〇パンディータ、ショッカー、寺尾利明(9分15秒、ショッカーのお盆攻撃→片エビ固め)●大仁田ブ厚、佐瀬昌宏、雷電

 ▽第2試合(6人タッグマッチ30分1本勝負)

 〇保坂秀樹、HASEGAWA、佐野直(13分40秒、サンダーファイヤーパワーボム→エビ固め)電戦士バトレンジャー、友龍、●桜井匠

 ▽メインイベント(大仁田厚レフェリーデビュー戦、15選手参加バトルロイヤル60分1本勝負)

 〇電戦士バトレンジャー(6分55秒、バトレンジャーボム→エビ固め)桜井匠  

 ※観衆370人(満員)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)