ヘビー転向のタイチ、完敗も内藤に感謝「戦いを教えてくれて、ありがとうよ」

2018年3月7日7時0分  スポーツ報知
  • タイチを圧倒した内藤哲也

 ◆新日本プロレス「旗揚げ記念日」大会 ▽スペシャルシングルマッチ 〇内藤哲也(14分07秒 デスティーノ→片エビ固め)タイチ●(6日、東京・大田区総合体育館、観衆・3864人札止め)

 この試合がヘビー級転向後初の試合となったタイチ(37)だったが、内藤哲也(35)を追いつめるも、自ら持ち込んだ武器・スタンドマイクで頭を打ち砕かれ敗れた。

 いつもの様に“ディーバ”あべみほ(30)を引き連れ、リングインしたタイチ。ゴングが打ち鳴らされる前に内藤を急襲。まだTシャツも脱いでいない内藤に花道でラストライドを決めて見せた。

 その後も、グロッギー状態の内藤を攻め続けたタイチ。バックを取られてからのオーバーヘッドキックや、ラストライドからの全体重を乗せたフォールなどで、師匠・川田利明(54)をほうふつとさせる動きを見せた。

 終盤、自ら持ち込んだスタンドマイクで、とどめとばかりに内藤の頭を打とうとしたが、それが相手の手に渡り、逆に頭に一発食らった。フラフラになったところに内藤の必殺技・デスティーノを食らい、マットに沈んだ。

 試合後、「てめえが持ってきた鋼鉄の武器にやられただけだよ」と負け惜しみを口にしたタイチ、「戦いを教えてくれて、ありがとうよ」と内藤に感謝した。(松岡 岳大)

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ