“東京03豊本の嫁”ミス・モンゴルが出産からの復帰戦で男女混合バトルロイヤル優勝…金曜8時のプロレスコラム

2018年3月9日8時0分  スポーツ報知
  • ママになって帰ってきたミス・モンゴル

 お笑いトリオ「東京03」豊本明長(42)の妻で、昨年12月28日に第1子となる長女を出産した女子プロレスラーのミス・モンゴル(41)が7日、東京・後楽園ホールで行われた「佐野直デビュー20周年記念興行」でリング復帰し、27人参加の男女混合バトルロイヤルで優勝した。

 あっぱれだ。さすがは大仁田厚元参院議員(60)の弟子だ、などと書くとそっちに話題を持っていかれそうなので、さらりと触れるだけにしておくが、ミス…いや、ミセスになってママになったモンゴルの生き様は、「プロレスが好きなんじゃー」をしっかり引き継いでいる。

 本名・上林愛貴。札幌出身の日本人。キラー・カーン(本名・小沢正志)と同じく、モンゴル人では決してない、これぞザ・プロレスラーだ。1994年にFMWに入門し、その後、ペイントしたヒール(悪役)として活躍。やはり話題になったのは、豊本と事実婚状態だった昨年に、女優でモデルの浜松恵(35)と豊本の不倫騒動。この時の、モンゴルの“男っぷり”が頼もしく、結婚→出産という“女の幸せ”につなげてみせた。あまり名前を出したくないが、一方の浜松は、元光GENJIの大沢樹生(48)と“ホットな抗争”を繰り広げており、こちらもさすがというほかない。

 豊本の不倫騒動でクローズアップされたことに乗っかり、プロレスを盛り上げるため、男子レスラーのミスター・ハゲと戦ったり、有刺鉄線ブラジャーを着用するなど、体を張ってきた。会見後に一緒にお茶を飲んだ時、大仁田氏がしきりに「無理するなよ」と言っていたので気になっていたが、その時、すでに妊娠していたのだった。8月のハゲ戦を最後に産休し、10月31日の大仁田厚引退試合(後楽園ホール)では、大きなおなかでリング上であいさつ。年末に長女を出産した。そして、生後2か月の愛娘と一緒に後楽園に戻ってきた。

 「出産は痛かったけど、新人時代の方が大変だった。痛みも手の骨折とかに比べたらまし。大変だったけど、世間で言われるほどではなかったし、体の回復も早かった。レスラー仲間の皆さんが、『みんなで育てよう』と言ってくだっているので、今後も試合の現場に連れて行こうと思ってます。そのうち、子どもをおんぶして売店に立ちたい。できたらもう1人子どもがほしい」

 “プレ復帰戦”となった男女混合バトルロイヤルは、出場27選手中25人が男。その中でも存在感を見せつけたモンゴルは、最後まで残ったブルアーマーTAKUYAを首固めで丸め込み、優勝してみせた。

 「体力的には疲れました。みんなが遠慮してくれたのかな? 肩慣らしになったし、楽しかった。デビュー戦とも違って、ふしぎな感じでした。これから、お母さんレスラーとして再スタートします」

 母は強し。ママになっったのにミス・モンゴルを名乗り続ける。シングルマザーでは決してないのに、ミセスではなくミス。ミスでもモンゴル人でもないのにミス・モンゴル。これぞ、ザ・プロレスラーだ。豊本が話題作りに出てくる必要はまったくない。(酒井 隆之)

 ◆佐野直デビュー20周年記念興行(3月7日、東京・後楽園ホール)

 ▽10人タッグマッチ(30分1本勝負)

 ○小笠原和彦、怨霊、忍、三州ツバ吉、小仲=ペールワン(7分59秒、足刀蹴り→体固め)千葉智紹、翔太、ZIPANGU、グレイト●、ササメ

 ▽UWA世界ライト級選手権(時間無制限1本勝負)

 〇<王者>長瀬館長(7分22秒、反則勝ち)<挑戦者>バラモンケイ●withバラモンシュウ

※レフェリー暴行。王者が6度目の防衛に成功

 ▽“HOT STAFF”桂ヤスヒロJr.復帰戦~進以外全員カリスマ~(45分1本勝負)

 葛西純、○進祐哉(4分57秒、腕ひしぎ逆十字固め)“HOT STAFF”桂ヤスヒロJr.●、大家健

 ▽芸能事務所アップルスターpresentsシングルマッチ(60分1本勝負)

 ○田中将斗(9分27秒、スライディングD→片エビ固め)守部宣孝●

 ▽同期vsターメリック(30分1本勝負)

 ○宮本和志、橋本友彦(8分21秒、ターメリックボム→エビ固め)高井憲吾●、不動力也

 ▽東京愚連隊vs大阪最強タッグ(30分1本勝負)

 NOSAWA論外、○FUJITA(10分29秒、SAYONARA→片エビ固め)守屋博昭●、TORU

 ▽芸能事務所アップルスターpresentsシングルマッチ(60分1本勝負)

 ○ゼウス(10分15秒、ジャックハマー→片エビ固め)原学●

 ▽ミス・モンゴル プレ復帰戦~エニウェアフォール4レフェリー体制バトルロイヤル(27人参加、時間無制限)

 ○ミス・モンゴル(12分44秒、首固め)ブルアーマーTAKUYA●

 ※退場順 ビッグベア、ガッツ石島、保坂秀樹、くいしんぼう仮面、ナカタユウタ、kouzy、竹田誠志、タコ乳頭、阿部史典、木原文人、KENSO、櫻井匠、木更津ピエロ&雷電、リッキー・フジ&富豪富豪夢路、寺尾利明、ドン・たけむらこういち、726、クラフターU、太仁田ブ厚、塙純二、LINDA、塙純一、ZIMA吉田、ブルアーマーTAKUYA

 ▽佐野直デビュー20周年記念シングルマッチ(60分1本勝負

 ○カーベル伊藤(17分21秒、カーベル・スプラッシュ→片エビ固め)佐野直●

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ