仮面女子・川村虹花、本格プロデビュー戦で女子高生に判定負け

2018年3月10日19時53分  スポーツ報知
  • 白のビキニで前日計量を行った仮面女子の川村虹花

 ◆DEEP JEWELS19 ▽アトム級 ○古瀬美月(判定2―0)川村虹花●(10日、東京・新宿FACE)

 最強の地下アイドル・仮面女子の川村虹花(22)=アリス十番=が、完全プロルールで行われた総合格闘技2戦目に挑んだが、古瀬美月(17)=Y&K MMA ACADEMY=に判定負けを喫した。

 昨年12月に特別ルールで総合格闘技デビューした川村は、古瀬の左ハイ、スーパーマンパンチを被弾するも、前に出続け闘志を見せるが、2回開始早々マウントポジションを奪われパウンドの嵐。さらに腕十字を仕掛けられ、劣勢のままゴング。プロデビュー戦で黒星を喫した。

 修学旅行を休んで参戦した現役高校生・古瀬は、勝利に涙を流しながら喜びリング上で「正直負けたと思ったんですけど勝ててうれしいのが正直なところです。最近は2連敗で結果が残せなかったんですけど、今日は勝ててすごくうれしいです。これからも頑張るのでまだまだ見捨てないで下さい」とコメントした。

 ◆川村 虹花(かわむら・ななか) 1995年12月26日、神奈川生まれ。22歳。身長158センチ、スリーサイズはB80(Cカップ)・W59・H80。最強の地下アイドル・仮面女子を構成する4ユニットの最上位「アリス十番」メンバー。2012年10月にスチームガールズとしてデビューし、13年8月、アリス十番に昇格。14年2月に仮面女子としての活動を開始した。17年9月21日にプロレス団体・DDTプロレスリング「ガンバレ☆プロレス」からデビュー。同12月3日には女子総合格闘技「DEEP JEWELS」からもデビューした。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ