浅倉カンナ、RIZIN王座戦の賞金700万円は「まだ使っていないです」

2018年4月15日19時38分  スポーツ報知
  • 浅倉カンナ

 総合格闘技・RIZINの女子スーパーアトム級女王・浅倉カンナ(20)が15日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)に出演し、昨年末に王者になった際の賞金700万円を「まだ使えていない」と初々しく語った。

 浅倉はプロデビュー4年目。昨年12月31日に行われたRIZINで、6年間負けなしの女子格闘技“絶対女王”RENA(26)をバックチョークで下した。

 700万円の賞金に「想像がつかなかった」と語った浅倉は「形に残るものが欲しいけどまだ使えていないけど、去年免許を取ったので、車を買うのもいいかな」と笑顔を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)