中邑真輔がUS王者を反則KO…AJとのWWE王座戦に弾み

2018年6月13日19時26分  スポーツ報知
  • ジェフ・ハーディ(左)に反則ブローを見舞う中邑真輔(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 元新日本プロレスの中邑真輔(38)が12日(日本時間13日)、米テネシー州メンフィスのWWE「スマックダウン」でUS王者のジェフ・ハーディ(40)とノンタイトルのシングル戦に挑んだ。

 17日(日本時間18日)のPPV「マネー・イン・ザ・バンク」(アーカンソー州)でWWE王者・AJスタイルズ(40)とラストマンスタンディング形式のWWE王座戦を行う中邑。ターンバックル上のジェフにヒザ、さらにキンシャサを狙うが、これを迎撃したジェフがツイスト・オブ・フェイトから必殺のスワントーンボム。勝負は決まったかと思われたが、中邑は辛うじてロープエスケープすると、ジェフに急所攻撃を繰り出して試合は反則判定。しかし、お構いなしの中邑は続けてキンシャサを炸裂させると、倒れ込んだジェフに自ら10カウント。王座戦を前に試合はラストマンスタンディングの予行演習を成功させた。

 王者AJスタイルズと中邑のWWE王座戦が行なわれるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間6月18日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ