青山周平が連覇!飯塚オートG1「ダイヤモンドレース」

2017年7月30日21時45分  スポーツ報知
  • 優勝した青山周平

 飯塚オートのG1「第60回ダイヤモンドレース」優勝戦は最終日の30日、準決勝戦を勝ち上がったベスト8により第12R、8周回(4100メートル=良走路)を10メートルオープン戦で争われた。

 7枠から好スタートを切った青山周平(33)=伊勢崎=が、2周回3コーナーで逃げた別府敬剛(飯塚)をパスしてトップに立った。終盤は鈴木圭一郎(浜松)が急追したが、そのまま押し切ってV。昨年に続く連覇を達成し、開設記念を含む飯塚G1は4連続優勝となった。

 青山周「手前が良かったので、スタートを行ければチャンスがあるかなと思っていました。思った以上のスタートを切ることができ、最高の序盤展開を作れました。後半はペースが落ちてしまったので気を付けながら走りました。昨年末(SS王座決定戦)に落車してしまい、本当にいろいろな方に迷惑を掛けてしまいましたが、ここまで立ち直ることができました。これからも力いっぱい走るだけです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
オート
今日のスポーツ報知(東京版)