稲村亜美、ボートレース芦屋で花束プレゼンター「舟券も買ったことがあるけど、外れました」

2017年8月1日14時45分  スポーツ報知
  • ボートレース芦屋で花束プレゼンターを務めた稲村亜美

 「神スイング」で知られるタレントの稲村亜美(21)が1日、ボートレース芦屋(福岡)で行われたプレミアムG1「レディースチャンピオン」の開会式で、花束のプレゼンターを務めた。

 その後、第3、7レース発売中にはトークショーが開かれ「たくさん選手がいて、すごい緊張しました。ボートレース場に来るのは4度目。舟券も買ったことがあるけど、外れました」と、まだギャンブル運には見放されている様子。

 これまでにプロ野球の始球式には「25回登板しました」と引っ張りだこ。この日は花柄のワンピースとハイヒールという女子力全開なスタイルなこともあり、控えめにピッチングとスイングを披露し「本当は100%を見せたいけど…」とほほ笑んだ。球場で見せる豪快さとはひと味違うオトナ女子っぽい雰囲気に会場のファンは大喜びだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボート
今日のスポーツ報知(東京版)