山崎智也・奏恵さん夫妻の娘、探偵ナイトスクープ「天才ボートレース少年」らが訓練生に

2017年10月5日23時29分  スポーツ報知
  • ボートレーサー選手養成訓練「入所式」に出席した山崎小葉音訓練生(右)と母・奏恵さん

 日本モーターボート競走会の「第123期選手養成訓練入所式」が5日、福岡・柳川市のボートレーサー養成所で行われた。

 男子44人、女子8人の計52人がレーサーへの道を歩み出した。来年9月までの1年間、厳しい訓練を受けた後、同年11月にプロデビューする予定。応募者は1034人で競争倍率は約20倍だった。

 山崎小葉音(こはね)訓練生(16)の父は山崎智也、母は奏恵さん(旧姓横西)だ。父はSG11Vの現役選手で母は通算1101勝、G1優勝2回、SG優出2回の実績がある元女子トップレーサー。

 山崎智也は大村の開設65周年記念に出場しているため、この日は奏恵さんが式に出席。2回目の受験で合格したという小葉音訓練生は「(ボートレーサーは)小さい頃からの憧れで格好いいなと思っていた。まだスタートラインに立っていないが、養成所を出て父、母のような立派なレーサーになりたいです」と決意を語った。

 奏恵さんは「中学2年の時、『選手になりたい』と相談を受け、その時は智也さんと2人で大反対した。本人がどうしてもなりたいというので応援しようと。少しでも成長して帰ってきてくれれば」とエールを送っていた。

 新入生代表を務めた数原魁訓練生(20)=兵庫出身=は幼少の頃にテレビの「探偵ナイトスクープ」で、「天才ボートレース少年」と、紹介されたことがある。数原は「ボートレーサー養成所に入所した誇りを胸に、礼と節を重んじ、立派なボートレーサーになるため日々努力します」と誓った。

 そのほか現在A1級で活躍する竹井奈美(福岡)の弟・一輝(17)=福岡出身=も入所した。また森内魁(19)=熊本出身=の父は、元競輪選手の森内章之さん。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボート
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)