【SGグラチャンあと1日】紅一点・遠藤は女子2年ぶりの出場

2017年6月19日6時30分  スポーツ報知
  • グランドチャンピオン初出場の遠藤。同大会の女子参戦は2年ぶり

 グランドチャンピオン(グラチャン)のデータ、今節達成されそうな記録を紹介する。

 【智也の挑戦】史上初の同一SG3連覇の期待がかかる山崎智也だが、他にも挑戦する記録がある。これまでSGを制覇したレース場は8か所。今回優勝なら鳴門SG初VでSG制覇のレース場が9か所目となり、今垣光太郎(8か所)を抜き単独1位となる。

 【優出多いのは】グラチャンの優出が多いのは1位山崎(8回)。2位太田和美(6回)、3位今村豊、松井繁(5回)と続く。

 【2年ぶり】女子では遠藤エミが初出場する(SGは8回目)。グラチャンでの女子の出場は2年ぶり。同大会では01年の11回大会で寺田千恵が女子選手として史上初めてSGでの優出を果たしている。

 【5連続】石野貴之は昨年のチャレンジカップからSGで4大会連続で優出している。今回も優出なら、5大会連続となり、歴代3位のSG連続優出となる。1位は倉田栄一の7連続、2位は植木通彦の6連続。

 【40歳過ぎてのSG初制覇】芝田浩治が優勝なら45歳8か月でのSG初優勝となり歴代5位の年長初Vとなる。現時点では1位長嶺豊(49歳11か月)、2位岩口昭三(48歳)、3位松野寛(47歳9か月)、4位大森健二(46歳6か月)、5位関忠志(43歳9か月、いずれも引退)。

 【SG年長優勝】SGの最年長優勝は52歳7か月で97年のメモリアルを制した安岐真人(引退)。今回今村豊が優勝なら56歳で歴代1位となる。グラチャンの最年長Vは51歳6か月で95年の桐生大会を制した野中和夫(引退)。今回、江口晃生がVなら52歳4か月で大会最年長Vとなる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボートカウントダウン
今日のスポーツ報知(東京版)