【G1レディースチャンピオンあと2日】SG予選6位の遠藤がDR2号艇で登場

2017年7月30日6時5分  スポーツ報知
  • 先のオーシャンCでも、2号艇で準優入りとメキメキ力をつけている遠藤

 52人の女子レーサーが“夏の女王”の座を目指して芦屋に集結する。

 ドリーム戦2号艇の遠藤エミはSGオーシャンカップ(まるがめ)の準優勝戦で、3号艇の井口佳典が3カドに引くと、2コースから先まくりを敢行した。惜しくも不発で優出はならなかったが、自身2度目のSG準優進出を、予選6位という上位で果たしたことは、紛れもなく実力を証明している。

 ドリーム戦6号艇の平高奈菜は7月28日に徳山で今年初優勝した。賞金ランクは4位で流れはいいが、今大会後に、もう1節走ってF休みなので、できるだけ稼いでおきたい。同3号艇の寺田千恵と5号艇の田口節子は、この大会で優勝2回の実績がある。両者とも5月以降に優勝2回で徐々に調子を上げている。

 昨年、クイーンズクライマックス(平和島)を制した松本晶恵は、その後、優勝がない。今年はSGに3回出場し、その分、女子戦を含む一般戦での活躍が減った印象だが、それでも賞金ランクは6位だ。今大会はSG出場の経験を生かす絶好の機会でもある。

 昨年、12年ぶりに返り咲いた海野ゆかりは、F休み明け2節目で反撃開始だ。レディースオールスター初代覇者の山川美由紀は最多4度目の優勝に挑む。

 守屋美穂は芦屋でのヴィーナスシリーズを制したばかりだ。山下友貴は江戸川のヴィーナスシリーズで優勝して賞金13位だ。他にも三浦永理、細川裕子、樋口由加里、今井美亜ら有力選手は枚挙にいとまがない。(正永 岳宏)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボートカウントダウン
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)