【G1レディースチャンピオンあと1日】山川美由紀があたまの最多記録更新に挑む

2017年7月31日7時0分  スポーツ報知
  • レディースチャンピオンの最多V、最年長Vを狙う50歳の山川美由紀

 今回で31回目となるレディースチャンピオン。データや達成されそうな記録を紹介する。

 【山川が挑む】最多優勝は鵜飼菜穂子、横西奏恵(引退)、山川美由紀の3回。今回、山川が優勝なら新記録。

 【山川が挑む〈2〉】最年長優勝は第26回(2012年若松)、山川の45歳9か月。今回更新の可能性があるのは日高逸子(55)、高橋淳美(54)、山川(50)、垣内清美(50)、谷川里江(50)、倉田郁美(49)、角ひとみ(48)、寺田千恵(48)、新田芳美(47)の9人。

 【山川ばかり】山川はこの大会は29回目の出場で、これまで優出13回、1着81回。この数字はすべて歴代最多。ちなみに出場回数は渡辺千草(今回出場せず)が29回で1位タイ、優出、1着は谷川里江が11回、66回で続く。

 【大豆生田が挑む】最年少Vは第11回(1998年三国)の本部めぐみ(当時は西村)で、24歳3か月。大豆生田蒼は22歳8か月で記録更新の可能性がある。

 【歴史感じる日高】今回の出場メンバーで第1回大会(1987年)に出場しているのは日高逸子(今回で26回目)だけ。

 【戦国時代】山川が3月のG2レディースオールスターで優勝。12年の女子王座(現レディースC)以来のG1G2制覇だった。女子のG1、G2の優勝者は、それまでは一人も重複せず、すべて入れ替わっていた。今の女子は絶対王者がいない戦国時代といえる。

 【誕生日】前検日の7月31日は竹井奈美が28歳の、最終日の8月6日は原田佑実が30歳の誕生日を迎える。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボートカウントダウン
今日のスポーツ報知(東京版)