長田真友子と「スピーチーズ」がライブ…「第60回オールスター競輪」

2017年8月11日15時11分  スポーツ報知
  • ライブを行ったスピーチーズ(左から木村菜摘、坂本こはる、北見直美)
  • ライブを行った長田真友子

 競輪のCS放送、スピードチャンネルのキャンペーンユニット「スピーチーズ」と応援隊を務める長田真友子が11日、福島・いわき平競輪場で開幕したG1「第60回オールスター競輪」の2、4R終了後、サイクルコロシアム特設スタジオでライブを行った。

 2R終了後に登場したスピーチーズは、夏らしく白を基調とした衣装に、腰にはバンダナ。多くのファンの声援の中、「競輪場で会いましょう」「GIRL’S DREAM」の2曲を熱唱。躍動感あふれるステージでファンもノリノリ。リーダーの木村菜摘が「楽しんでますか~!」の呼びかけに「イエ~ッ!」と大いに盛り上がった。

 4月から新加入した北見直美、坂本こはるの3人で「GIRL’S DREAM」を歌うのは初めて。坂本こはるは「緊張したけどうまく歌えました」。北見直美も「ファンが手拍子を入れてくれて私たちも気分が高鳴りました」と満足そうな表情を浮かべていた。“持ち時間”が短く「トークを多くするか、2曲歌うか迷いました」と木村。もっとファンとのひとときを一緒に過ごしたかったようだ。

 SPEEDチャンネルのブースでは、このほどリリースされたDVDと5色のTシャツを販売。「TシャツもDVDもぜひ、買って下さいね」とPRしていた。

 長田真友子は5R終了後「TA・TO・E」と「Determination」の2曲を披露。黒を基調としたセクシー衣装と、歌声でファンをうっとりさせていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
競輪
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)