「スピーチーズ」がプロレスのリング上で熱唱

2017年9月1日14時56分  スポーツ報知
  • 特設リングでライブを行ったスピーチーズの(左から)木村菜摘、北見直美、坂本こはる

 CS競輪中継「SPEEDチャンネル」のキャンペーンユニット「スピーチーズ」が、向日町競輪・開設67周年記念2日目の9月1日、場内でライブを行った。

 この日はプロレス団体「FREEDOMS」と「B168」による「向日町競輪プロレス」が行われるため、イベントステージ前にリングが設けられており、「スピーチーズ」もロープをくぐって登場。「Let’s Go Together」「春夏秋冬」の2曲をリング上で熱唱した。リーダーの木村菜摘は「リングってけっこう跳ねるんですね。終わってからも体がフワフワしています。楽しかった」と、初体験の舞台に興奮気味。北見直美は「天気がよくてよかった。あした(2日=2、7R終了後)もライブがあるので、ぜひおこしやす~」と京ことばでアピール。坂本こはるは「最近、車券の調子が悪いので、今回は当てたいです」と、違った方向に気合を入れていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
競輪
今日のスポーツ報知(東京版)