【巨人】村田、レギュラー奪取へ「弾」より「率」優先

2016年1月12日6時0分  スポーツ報知

 巨人の村田修一内野手(35)が11日、定位置奪取へ、自主トレ先のグアムで大決断を下した。「ホームランを30本打って打率が2割より、ホームラン2、3本で打率3割の方がレギュラーとして使いやすい。ホームランでファンを魅了するのもプロだけど、そのためにはまず試合に出てフィールドに立たないと」。岡本とのレギュラー争いへ、打率を優先することを決めた。

 悲壮な決意があった。横浜時代の07、08年のホームラン王も、昨季は103試合出場で打率2割3分6厘、自己ワーストタイの12本塁打。「ホームラン王っていっても昔の話。現実を受け入れないと」。プロ入り後初めて1年間通してバットを短く持つことを決め、ポジションを奪いにいく。

 ティー打撃を行ったこの日、母校・東福岡高がサッカーの全国高校選手権で優勝。「おめでとうございます。僕も頑張ります」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ