【巨人】相川、初のリーグVへ不退転の決意「どんな形でも悲願を達成したい」

2016年1月16日6時0分  スポーツ報知

 巨人の相川亮二捕手(39)が15日、自身初のリーグ優勝へ不退転の決意を口にした。移籍1年目の昨季は右太もも裏肉離れと左手首骨折で2度離脱し、40試合出場止まり。チームもV逸した。「一年間1軍の戦力であり続け、結果を残していきたいです。どんな形でも悲願を達成したい」。7月で40歳を迎えるチーム最年長が、不惑の悲願をかなえる。

 横浜、ヤクルトと3球団を渡り歩き、今季がプロ22年目。この日は自主トレ先のサイパンでウェートトレなど、精力的に体を動かした。「体もしっかりと作れているし、(調整は)順調です」。小林誠と練習をともにしているが「負けてはいけないし、負けるつもりもない」。2月の宮崎キャンプでは1軍別枠とする「スペシャル(S)班」に入る見込みだ。常夏の地でシーズンを戦い抜く準備を整える。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ