【フレー フレー ヨシノブ】橋本環奈、「ハーフ・ハーフで巨人も好き」

2016年1月26日11時0分  スポーツ報知

 福岡のアイドルグループ「Rev.from DVL」の“天使すぎるアイドル”橋本環奈(16)は、地元のソフトバンク・ファンとして知られるが、「ハーフ・ハーフで巨人も好き」と明かす。由伸監督が巨人入りした翌年に生まれた、高校2年生が寄せる期待とは。

 親が巨人好きなので、小さい頃からテレビは巨人戦でした。ソフトバンクが好きになったのは友達と球場に行くようになってから。小学3~4年だから07年頃かな、家族で宮崎キャンプにも行ったんです。原監督や小笠原選手、由伸さんにもサインをもらいました。久保選手と一緒に写真を撮らせてもらったんですが、由伸選手は人気で―。仕方なく等身大パネルと撮った思い出があります。

 私が6歳、7歳の頃、家族とヤフードームに巨人戦を見に行った時に、1人の選手がヒットを打っている姿に、「あ、この選手応援したいな」と思ったのが由伸選手。それからずっとファンです。応援歌にある「弾丸アーチをスタンドへ」の通り、ホームランを打つ姿が大好き。最近は代打が多かったですが、必ず打つイメージで、チャンスに強い信頼感が格好良かった。だから引退の時は、もうプレーが見られないのかって、さみしかったですね。

 今年はセ・リーグの監督が全員40代になって、ラミレスさんもいる。ラミちゃんは巨人にもいたから仲間の印象ですが、だからこそ負けてほしくないし、由伸監督の勝つ姿を何度も見てみたい。私はプレーは詳しくないですが、昨年まで選手だったので選手の気持ちが分かるんじゃないかな。年の近い松井さんが臨時コーチで来るキャンプも期待できますし、選手を引き連れる姿を早く見たいです。

 私にとっての由伸さんは、みなさんが長嶋さんや王さんに感じる、ヒーローに近いものなのかもしれません。宮崎のとき、サインを一瞬いただいただけなので、一度お会いしてみたい。何を話したいというより、同じ空気を吸っていられれば十分。ソフトバンクで3回始球式をさせていただきましたが、もし巨人でもそんな機会をいただけて応援できたら、めちゃくちゃうれしいです。

 夢は、由伸監督とソフトバンクの日本シリーズ。でも実現したらだいぶ困る。引き分けを願いたいですね。だって「ハーフ・ハーフ」で選べないもん。

(構成・軍司 敦史)

 ◆橋本 環奈(はしもと・かんな)1999年2月3日、福岡県生まれ。16歳。07年に福岡の芸能事務所に所属。13年の博多どんたくでファンが撮った写真が「奇跡の一枚」と話題となり、「1000年に1人の逸材」「天使すぎるアイドル」と騒がれる。今年3月5日公開の映画「セーラー服と機関銃―卒業―」に初主演。家族は両親と兄2人。身長152センチ。血液型AB。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)