【巨人】小林、捕手阿部の全て盗む!強力ライバル出現を歓迎

2016年1月31日6時0分  スポーツ報知

 巨人・小林誠司捕手(26)が30日、阿部が今季から捕手に専念することを歓迎した。昨季は開幕マスクを任され、捕手としての出場はチーム最多の68試合。投手陣を12球団トップとなるチーム防御率2・78に導いた。2年連続の大役を狙う小林誠にとって強力なライバルが出現した形だが「チームにとっていいことだと思います」と喜んだ。

 生きた教材として、立ち居振る舞いを身近で見ることができるのは、確かに大きなプラスになるだろう。配球などの技術面はもちろん、投手陣への指示やアドバイスの送り方にしても、キャリアの浅い小林誠にとっては1つ1つが勉強だ。阿部が連日投手陣の球を受けることでブルペンは活気づいているが、若い捕手陣にとっても貴重な時間になる。

 もちろん、簡単に白旗を揚げるつもりはない。開幕投手の最有力候補は同学年の菅野で、小林誠は「自分が受けたいという気持ちもある」と、2年連続の開幕バッテリーに燃えている。宮崎での1軍合同自主トレ期間中は、主力メンバーが宿舎へ引き揚げた後も遅くまでウェートトレーニング室にこもり、正捕手として1年間戦い続けるための体を作ろうと必死だ。「みんながライバル」と言うように、阿部の捕手専念によって尻に火が付いているのは間違いない。(尾形 圭亮)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)