【巨人】スタッフ、職員の賭け行為を報告 麻雀、ゴルフ、トランプなど

2016年3月22日20時17分  スポーツ報知

 巨人は22日、都内で記者会見を開き、3月8日に高木京の野球賭博関与が明らかになって以降に行った、球団内のヒアリング調査の結果を発表した。

 今回の調査対象は現場スタッフ175人(選手88人、監督・コーチ29人、その他スタッフ58人)と、球団職員124人の計299人。球団の発表によると、現場スタッフ175人のうち、賭けマージャンは14人が「経験がある」と答えた。賭けゴルフをしたことがあると答えたのは42人。また、賭けトランプは1回でもやったことがあると答えたのが23人で、うち10人ほどが頻繁にしたことがあった。

 なお、球団が契約解除した高木京は、2013年から14年にかけて数回、闇スロットに行き、1回10万円程度の勝ち負けがあったという。今回の調査で、高木京とは別の選手一人が、数回行ったことがあると正直に申告したため、当該選手に対しては厳重注意が下された。

 その他にも、勝利した試合の試合前の円陣の声だし役に現金を払う習慣や、高校野球くじ、ノックでの罰金に関しても調査結果が報告され、再発防止に徹底的に取り組む球団の強い姿勢が強調された。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)