【巨人】立岡、20%ダウン2900万円でサイン「下げられて当たり前だと思う」

2016年11月30日14時30分  スポーツ報知
  • ダウンでサインした立岡

 巨人の立岡宗一郎外野手(26)が30日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、700万円(約20%)ダウンの2900万円でサインした。

 昨年は91試合で打率3割4厘をマーク。今季は「2番・中堅」で開幕スタメンをつかみ、開幕から41試合連続先発出場。4月中旬までは打率3割をキープし、プロ初本塁打も放ったが、5月27日に左脇腹の肉離れで2軍落ち。1軍再昇格は広島の優勝が決まった後の9月24日で、トータル51試合で打率2割2分9厘に終わった。

 「ケガをしたことがもったいなかった。(年俸は)下げられて当たり前だと思う。来年はケガなく1軍で戦いたい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)