【巨人】「ダウンもあると思ってきた」橋本到、300万円増の2900万円

2016年11月30日15時6分  スポーツ報知
  • アップでサインした橋本到

 巨人の橋本到外野手(26)が30日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、300万円アップの2900万円でサインした。

 今年は2月のキャンプ前に右ふくらはぎ肉離れで離脱。開幕2軍スタートで、1軍初昇格は6月中旬だった。昇格直後は本塁打、プロ初の4安打など好調。8月下旬までスタメンに定着したが、調子を維持できず最終的に74試合で打率2割3分3厘、2本塁打、20打点、7盗塁に終わった。

 それでも、昨年の68試合、打率2割1分9厘、1本塁打、10打点、4盗塁だった昨年から全ての部門で成績を上げた点を評価され、増額となった。「良くて現状維持、ダウンもあると思ってきたので、最大限評価していただいた。『去年の成績を全て上回った』と言っていただいた。活躍するしかない」と来季への決意を口にした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)