【巨人】長野、5000万円増でサイン「悔しいシーズンでした」

2016年12月1日18時20分  スポーツ報知
  • 会見を終え、笑顔で引き揚げる長野

 巨人の長野久義外野手(31)が1日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5000万円増の2億2500万円でサインした。

 長野は今季、全143試合に出場するも、打率2割8分3厘、11本塁打、42打点と苦しんだ。5月下旬からは4番にも座ったが、本塁打と打点は入団7年目でワースト。「悔しいシーズンでしたし、申し訳ないという気持ちしかない」と振り返った。それでも契約交渉では久保球団社長から「まだ老け込む年じゃないぞ」とハッパをかけられたという。

 来季の目標には「リーグ優勝、日本一です」と力強く言い切った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ