【巨人】陽岱鋼と5年15億円超で合意 広沢、清原、片岡と並ぶFA移籍史上最長タイ!

2016年12月15日5時0分  スポーツ報知
  • 11月、ゴールデン・グラブ賞の表彰式に出席した陽岱鋼

 巨人は14日、日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言していた陽岱鋼外野手(29)との契約が合意したと発表した。背番号は「2」に決定。条件面は3年総額10億円超から5年総額15億円超に上方修正された見込みだ。巨人では94年オフの広沢克己、96年オフの清原和博、ほかでも01年オフに阪神入りした片岡篤史に並ぶFA移籍最長の5年契約となった。19日に都内のホテルで入団会見が行われる。山口俊、森福に続き、史上初の3人同時のFA獲りが実現した。

 待ちわびていた吉報が届いた。東京・大手町の球団事務所で取材に応じた堤GMが、陽と電話連絡を取ったことを明かした。「正式に合意しました。『お願いします』と。センターをしっかり守れる選手を獲れてチームにプラスになる。今まで通りのパフォーマンスを出してもらえれば、おのずと結果は付いてくる」とホッとした表情を浮かべた。

 関係者の話を総合すると、条件面での大幅な上方修正が行われた模様だ。今月初旬に行われた水面下での交渉では3年総額10億円超を提示。そこから一気に5年総額15億円超まで引き上げ、最大限の誠意を見せたとみられる。巨人にFA移籍した選手では、94年オフの広沢、96年オフの清原以来の5年契約で、FA移籍史上最長だ。どうしても獲得したい球団側の強い意志が表れた形だった。

 背番号は「2」に決定した。最近では同じく日本ハムからFA移籍した小笠原道大(現中日2軍監督)がつけた番号で、ガッツはチームを07年からリーグ3連覇に導いた。陽は今季、130試合に出場し打率2割9分3厘をマーク、4度目のゴールデン・グラブ賞にも輝き、攻守で日本ハムの10年ぶりの日本一に貢献しただけに、ガッツ級の輝きを期待したい。

 今オフはFAではDeNAから山口俊、ソフトバンクから森福を獲得していた。日本ハムとのトレードでは吉川光と石川が加わった。4番候補として、元楽天のマギー。守護神候補では、米大リーグ・マリナーズの剛腕、アルキメデス・カミネロの獲得に乗り出しており、合意間近だという。堤GMは「今年1年間戦って見えた課題をどうやって埋めていくか。結果、これだけの人数になった」と説明した。総額30億円とみられる大補強も、ゴールが見えてきた。

 来季は3年ぶりのリーグ制覇、5年ぶりの日本一奪回が至上命題だ。由伸監督は「全体を見渡してレギュラーといえるのは坂本しかいない」と話しており、FA移籍選手であろうと、激しい競争を勝ち抜かなければ定位置は与えられない。相乗効果が生まれ、チームのレベルアップにつながる。球団側の狙いの一つだ。

 リーグ2位に終わった今季、優勝した広島とは17・5ゲーム差も離された。「走攻守」での差を埋めるため、秋季キャンプでは若手主体で取り組み、チームの底上げを図った。そして阿部、村田、長野ら現有戦力に、実績豊富な援軍が加わった。反撃態勢は整いつつある。(水井 基博)

 ◆陽 岱鋼(よう・だいかん)1987年1月17日、台湾生まれ。29歳。国民体育中から福岡第一高に野球留学。2005年高校生ドラフト1巡目で日本ハムに入団。12~14、16年にゴールデン・グラブ賞、13年には盗塁王。台湾代表で06、13年のWBCに出場。183センチ、89キロ。右投右打。今季年俸1億6000万円。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ