【巨人】矢貫、1月から球団職員で再出発「感謝したい」

2016年12月20日17時39分  スポーツ報知
  • 来年1月から球団職員として働くことになった矢貫

 巨人を今季限りで戦力外になり、現役引退を決めた矢貫俊之投手(33)が20日、来年1月から巨人の球団職員として働くことを明かした。営業企画兼運営部で再出発することになる。

 東京・大手町の球団事務所で取材に応じた矢貫氏は「野球からは離れることになるけど、プロ野球の球団の中で働ける人は少ないと思うので、今度そういう経験をさせて頂けるので感謝したい」と話した。

 仙台育英高、常磐大を経て、三菱ふそう川崎から08年ドラフト3位で日本ハム入団。13年に57試合に登板するなど通算121試合に投げ、6勝8敗1セーブ、防御率3・76。15年に巨人へトレード移籍し、今季の登板は8試合にとどまっていた。11月12日の12球団トライアウト(甲子園)を受験したが他球団からのオファーはなかった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ