【巨人】高卒ルーキー投手(3)育成7・堀岡隼人は青森山田の他競技選手から刺激

2017年1月10日15時0分  スポーツ報知
  • 堀岡隼人

 巨人の高卒ルーキー3投手を3回に分けて紹介する。育成ドラフト7位・堀岡隼人投手(18)=青森山田高=は、サッカー部をはじめ全国レベルの同校の他競技の選手の奮闘に刺激を受け、飛躍を誓った。

 堀岡は青森山田高野球部の同級生で、ソフトバンクから4位指名を受けた三森大貴内野手(17)に大きな刺激を受けている。自身は育成選手としてのスタートだが「支配下登録されるようにアピールしていきたい」と気合十分だ。

 青森山田は東北が誇るスポーツ校。同級生でプロの舞台に進むのは野球だけではない。全国高校サッカー選手権で初優勝したサッカー部のMF高橋壱晟(いっせい)とGK広末陸(ともに3年)だ。高橋は千葉、広末はF東京入りが内定している。「広末とは同じクラス。大きい舞台で結果を出して活躍している。見習っていきたい」。競技は違うが大きな刺激を受けている。

 世界で戦う先輩にも刺激をもらいプロに入った。在学中に、卒業生でリオ五輪の卓球メダリスト、福原愛と水谷隼の講演を聞いた。卓球で日本人として初めてシングルスのメダルを獲得した水谷については「存在感が一番すごかったです」と大きな感銘を受けた。

 プロに入る際に友人たちから「投げている姿を見たいから頑張れよ」と言葉をもらった。一日も早く1軍で投げるため「強い気持ちで投げることと投げっぷり。けがなく頑張りたい」とアピールに意気込む。トップレベルで戦う先輩を追い、同級生たちに負けないよう、まずは背番号を2ケタにする。

 ◆堀岡 隼人(ほりおか・はやと)1998年9月11日、神奈川・秦野市生まれ。18歳。小学1年生から野球を始める。秦野リトルシニアから青森山田高へ。高校3年春に甲子園出場。183センチ、84キロ。右投右打。年俸は240万円。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)