【巨人】ローテ完成!ロケットスタートだ!マイコ・田口・大竹寛・菅野・内海・吉川光

2017年3月28日5時30分  スポーツ報知
  • 巨人の先発予想(左上から下に)3・31マイコラス、4・1田口、4・2大竹寛、(右上から下に)4・4菅野、4・5内海、4・6吉川光

 巨人の菅野智之投手(27)が開幕2カード目初戦、4月4日のDeNA戦(横浜)に先発することが27日、決まった。

 昨秋の時点で4年連続開幕投手に内定し、強い意欲を示していたが、4月は週の前半にDeNA、広島戦が集中していることもあり、由伸監督が総合的に「温存」を判断。大事な6連戦初戦となる火曜日にエースを配置した。31日の開幕戦、中日戦(東京D)は来日3年目のマイルズ・マイコラス投手(28)が初の大役を務めることも決まった。

 開幕投手にマイコラス、2カード目初戦に菅野という骨格が固まったことで、今季の“開幕ダッシュローテ”が見えてきた。

 開幕2戦目となる4月1日の中日戦(東京D)には、昨季チーム最多10勝を挙げ、オープン戦12球団トップの防御率0.90をマークした田口の起用が濃厚。4月は中日、阪神と2度ずつの対戦が見込まれるが、竜には昨季防御率2.11、虎には同防御率1.67で5勝0敗という好相性を誇る。開幕3戦目は“キラー”大竹寛の先発が有力。14年に9勝中6勝を同カードで挙げるなど、中日にめっぽう強い。

 2カード目のDeNA3連戦(横浜)は菅野に続き、内海、吉川光の先発が予想される。エース右腕から技巧派左腕の内海、本格派左腕の吉川光と続くローテは、相手に的を絞らせない起用といえる。宮国や杉内も控えており、開幕後、自在に布陣を組み替えることも可能。状態と相性を組み合わせたローテでロケットスタートを狙う。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)