【巨人】由伸監督、先を見据えた1敗…開幕5連勝でひと休み

2017年4月7日6時0分  スポーツ報知
  • 9回、ベンチで考え込む高橋監督

 ◆DeNA4―2巨人(6日・横浜スタジアム)

 巨人の開幕からの連勝が5で止まった。同点の7回、山口鉄が1死一、二塁のピンチを招いて降板。リリーフしたドラフト3位・谷岡が2死満塁から梶谷に決勝の2点打を浴びた。この継投の背景に何があるのか。巨人担当キャップの水井基博記者がひもとく。移籍後初先発の吉川光は6回2失点の粘投を見せ、阿部は6戦4発と好調をキープ。7日からは敵地甲子園に乗り込んで阪神と3連戦だ。

 ついに負けた。連勝は5で止まった。だが、今夜の負け方には、由伸監督の余裕すら感じた。試合後の会見、「私自身は紙一重だったと思っているし、悪い試合ではなかったと思う」と淡々と振り返った。

 明らかに、長丁場のシーズンを見据えたタクトだった。同点の7回、2番手の山口鉄が1死一塁で戸柱に四球を与えたところで、谷岡にスイッチした。ドラフト3位右腕は代打・佐野を歩かせ、満塁に。桑原を空振り三振に斬った後、梶谷に勝ち越しの中前2点打を食らった。流れは一気にDeNAへ傾いた。

 是が非でも勝ちにいくならば、7回は頭から森福を投入していたはず。山口鉄はオープン戦計6試合で防御率6・00と本調子にない。ここに1つ目の“由伸の企み”があり、鉄腕左腕の復活を期待した。2月のキャンプ前から「勝利の方程式に入れる投手は4、5人いていい。休ませながら使えるしね。その先頭には山口にいてもらいたい」と話しており、現状のカミネロ、マシソン、森福への仲間入り、いや、引っ張っていく姿を待ち望んでいるのだ。

 2つ目の“企み”は、谷岡の方程式入りだ。その7回2死満塁、左の梶谷と対する場面で、本来なら森福を使っただろう。しかし、谷岡の続投を選んだ。抑えれば自信になる。横浜スタジアムはアウェー感満点の球場だから、なおさらだ。指揮官は、こう評した。

 「(谷岡は)打たれはしたけど、決して悪いとは思わなかった。結果、点は取られたけどね。こっちは良かったかなと思うよ。こういった場面でこれからも経験してというか、行ってくれればいいかなと思う」

 マシソンとカミネロは試合前までの開幕5試合で4戦に登板。疲労は当然ある。由伸監督としては投げさせたくないのが本音であり、「勝利の方程式」を増員させたい思いもある。森福も含めたこの3人は当然、ブルペンで準備していた。

 接戦に強くなるためにはどうするか―。なによりリリーバーの厚みを増すことが不可欠だ。負けてなお強し。指揮官の、先を見据えた継投と言っていい。(水井 基博)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)