【巨人】フル回転のマシソン&カミネロに恵みの雨

2017年4月9日6時0分  スポーツ報知
  • 3回途中でノーゲームとなりファンに挨拶する高橋監督

 ◆阪神―巨人=降雨ノーゲーム=(8日・甲子園)

 恵みの雨だった。巨人の中継ぎ陣にとって、降雨ノーゲームは願ってもない朗報だ。4日のDeNA戦(横浜)から始まった6連戦のさなか。思わぬ形の“オフ”となった。

 勝利の方程式を形成するマシソンとカミネロは特にフル回転。2人はこれまで7試合中5試合に登板し、開幕スタートダッシュを支えた。7日の雨の阪神戦(甲子園)も登板。試合状況によれば2連投の可能性があった。序盤だけでなく、交流戦、シーズン終盤と欠かせない存在。思わぬ休みは今後の負担を少し軽くしたはずだ。

 カミネロは「チームが必要なときに投げることが使命」と、常にやる気十分。マシソンも同じだ。ノーゲームを受け「投げたいと思っていたよ。いつでも準備はできている。毎日投げるようにはしているので」と、今後のフル稼働を改めて誓った。

 尾花投手コーチは「リリーフ陣は試合で投げていなくても、ブルぺンでは投げているわけだし。(きょうは)肩を休ませることができたので、明日は“休み肩”でいってもらいましょう」と、休息明けの全開投球に期待を寄せた。天の恵みでリラックスした後は、再び戦いのスイッチを入れる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ