【巨人】高木勇、バントで投球が右手指直撃し負傷降板 初回は打球直撃も

2017年4月20日6時0分  スポーツ報知
  • 2回1死一、二塁、高木勇は送りバントの際に指に当て併殺打となる(捕手・中村)

 ◆巨人1―0ヤクルト(19日・鹿児島)

 巨人・高木勇人投手(27)が、今季初先発となった19日のヤクルト戦(鹿児島)で負傷降板した。2回の第1打席、1死一、二塁の好機でカウント2―2からの5球目にスリーバントを試みた際に投球が右手の指に直撃。打席内に倒れ込んだ。その後、首脳陣が投球は不可能と判断。マウンドを降りた。

 その後は試合途中に病院へ向かい、治療後に球場へと戻ってきたが「けが? それよりも早く降りてしまったことが申し訳ない」と話すにとどめた。初回2死でも山田の打球が右肩付近を直撃するなど、不運が続いた。出場選手登録の抹消については20日の状態を見て判断する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ