【巨人】下位打線が沈黙、4戦連続完封を逃す

2017年4月22日7時0分  スポーツ報知
  • 試合中、厳しい表情で戦況を見つめる高橋監督(左は村田ヘッドコーチ=カメラ・中島 傑)

 ◆巨人1―4阪神(21日・東京ドーム)

 巨人は阪神に敗れ、連勝が4で止まった。マイコラスが初回、福留に右越え3ランを被弾するなど、6回4失点で今季初黒星を喫した。打線もメッセンジャーに10三振で、3回の阿部の犠飛による1点が精いっぱい。東京Dでは4連敗となった。

 いきなりの3失点が、重くのしかかった。球団記録に並ぶ4試合連続の完封勝利の可能性は、初回であっという間に消えた。由伸監督も「最初に3点というのが最後まで効いてしまった。1点ずつでも返しておけば、チャンスはあったと思うけど」と絞り出した。

 いつもの形はつくった。が、点は取れなかった。それに尽きる。初回1死一、二塁で阿部、マギーが連続三振。3回1死満塁では阿部の中犠飛による1点だけに終わった。こんなときこそ、下位打線が活性化すれば流れも変わるが、6番以降は、7回の小林の遊撃内野安打だけだった。

 指揮官は「いつもいつも、あの(坂本勇、阿部の)2人にチャンスがくれば絶対打てるかといえばそうではない。他の人も何とか決めるだけのバッティングをしなくちゃいけない」と指摘。チームが波に乗りきれない一つの要因に挙げた。

 この日、岡本を2軍に降格させ、橋本到を上げた。すぐにスタメンで起用も3打数無安打。「普通に打ってくれればと思っていたが…」。長野が不振の今、外野は右翼と左翼が空いている。3打数無安打の石川も、出番のなかった重信も含め、チャンスは目の前に転がっている。若手の奮起こそが、チームの加速のカギを握っている。(水井 基博)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)