【巨人】亀井が決めた!延長12回、涙のサヨナラ3ラン!

2017年6月18日18時35分  スポーツ報知
  • 12回1死一、二塁、右越えに逆転サヨナラの3点本塁打を放つ亀井(投手は大嶺祐、捕手は田村)
  • ヒーローインタビュー中に涙を見せるサヨナラホームランの亀井

 ◆日本生命セ・パ交流戦 巨人7×―5ロッテ=延長12回=(18日・東京ドーム)

 巨人は、延長12回に亀井が逆転サヨナラ3ランを放ち、同一カード3連勝で、由伸監督の通算100勝を飾った。

 両チーム野手全員を投入した総力戦は、亀井の一振りで決着がついた。

 途中出場の亀井は、前打者のマギーが3打席連続で敬遠される屈辱。8回は捕邪飛、10回は空振り三振に倒れたが、最後に決め、高橋由伸監督と抱き合って泣いた。

 延長12回6番手の高木勇がロッテ・柿沼にプロ初打点となる犠打と押し出し四球で3―5と勝ち越された。この回5番手で登板した森福が1死一、三塁とピンチを招き降板。後を受けた高木だったが、制球に苦しむ展開だったが、逆転劇が待っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)