【巨人】阿部、9戦ぶりマルチ安打…ラストスパートへ38歳の心意気

2017年9月11日6時0分  スポーツ報知
  • 7回2死一、三塁、中前適時打を放つ阿部(投手は松岡、捕手は中村)

 ◆巨人6―1ヤクルト(10日・東京ドーム)

 阿部が貴重な中押し打を放った。2―0の7回2死一、三塁。代わったばかりの松岡の初球フォークを中前に運んだ。「(流れが)だいぶ詰まっていたのでよかったよ」。2死一塁から坂本勇の中前安打でつくった流れに乗り、村田、長野へと続く4連打につなげた。

 コンディション不良のため5日の中日戦(松本)は途中交代。復帰後の2試合は無安打だったが、息を吹き返しつつある。2回先頭では右前安打を放ち出塁すると、無死一、三塁で長野の内野ゴロの間に生還し、先制点を演出。自身9試合ぶりのマルチ安打で打線を活気づかせた。気分転換も忘れない。9日の試合前にはド派手な蛍光イエローのTシャツを着て練習した。胸元には「これから」と書かれていた。ラストスパートへ、38歳の心意気がうかがえた。12日からは甲子園で2位・阪神との3連戦が待つ。「勝負の1週間? そうだね」。残り17戦。大黒柱の働きがカギを握る。(長井 毅)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ