【巨人】菅野、まさか後半戦初の2失点

2017年9月14日19時26分  スポーツ報知
  • 1回2死二、三塁、大山に先制の左前適時打を打たれベースカバーに走る菅野(中央)(右は三塁から生還した上本、左は小林)

 ◆阪神―巨人(14日・甲子園)

 巨人の先発・菅野が、初回に2失点した。

 1死一塁から3番・糸井に11球粘られた末に左翼線へ安打。一、三塁とチャンスを広げられた。続く福留にも粘られた末に見逃し三振に切ってとったが、ランエンドヒットで一塁走者が二盗。2死二、三塁とされると、大山には一転初球を叩かれて左前へ適時打。二塁走者の糸井にも本塁生還を許した。

 前日まで15勝と防御率1・69でリーグ2冠だった菅野。4連勝を期して臨んだマウンドに立ったが、まさかの後半戦初の2失点。2位・阪神との直接対決を制し、逆転2位を狙いたい由伸ジャイアンツにとって想定外の序盤戦となった。

 打線は阪神先発の秋山に3回まで打者9人に抑えられた。4回1死からマギーが右前へチーム初安打。2死一塁から阿部が二塁内野安打でチャンスを広げ2死一、二塁としたが、村田が投ゴロに倒れた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ