【巨人】由伸監督、マシソン残留を切望「何とか残ってほしいけど…」

2017年10月11日6時0分  スポーツ報知
  • 練習を見つめる高橋監督と井端コーチ

 巨人・高橋由伸監督(42)が10日、今季で契約が切れるスコット・マシソン投手(33)の来季残留を切望した。今年は59試合に登板して防御率は2・24。“困った時のマシ様”としてベンチの信頼は厚いが、現状、米大リーグも強い興味を示しており、去就は未定。「何とか残ってほしいけど…」と本音を口にした。

 入団した12年から6年間で計359登板。このタフさや、160キロ超の真っすぐは大きな武器で、奪三振はイニング数を超える432個。窮地を何度も救ってきた。最近、都内で偶然会い、思いを伝えたことも明かした指揮官は「長くチームで活躍してくれて、代わりになる選手はいないわけだからね。残ってほしいと思うのは当然でしょ」と繰り返した。

 ただ、最悪の事態も想定しないといけない。「契約社会だからね。どういった感じになるか考えないとね」。この日は、池田の投球をじっと見つめた。新人ながら33試合に登板。来季の“方程式入り”が期待されるが「いろんな可能性があるから」と固定観念にはとらわれない。方程式にはカミネロを筆頭に、田原や西村、篠原も挙がるが、マシソンの去就次第で真っさらから練り直していく方針。それだけマシソンの存在は大きい。(水井 基博)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)