2冠、巨人・菅野「集大成で臨んだ一年」…セ・リーグタイトルホルダー喜びの声

2017年10月11日6時0分  スポーツ報知
  • キャッチボールをする菅野

 セ・リーグは10日、レギュラーシーズンが終了し、個人タイトルが確定した。タイトルホルダーのコメントは以下の通り。

 巨人・菅野(最多勝利&最優秀防御率)「集大成で臨んだ一年。そういうものを見せられた。うれしい。夏場の防御率が0点台だったのが一番」

 巨人・マイコラス(奪三振王)「三振はいい球を投げ制球もできて、空振りも取れるという集大成だ」

 阪神・桑原(最優秀中継ぎ投手)「(マテオとの受賞に)同じチームなのでどっちがタイトルを取ってもいいと思っていた」

 阪神・マテオ(最優秀中継ぎ投手)「自分のことを誇りに思えるタイトル」

 阪神・ドリス(最多セーブ)「支えてくれた方に感謝したい」

 DeNA・ロペス(打点王&最多安打)「数字に関しては満足。オフのトレーニングが実を結んだ」

 広島・丸(最多安打)「優勝という一番いい形で終われ、充実感のあるシーズン。そこにプラス、タイトルという形で名前を残すことができ、うれしい」

 広島・田中(最高出塁率&盗塁王)「気持ちの余裕とか慣れもあって、いい成績が残せてよかった」

 広島・薮田(最高勝率)「負けを消してもらった試合がいっぱいあるので、野手の方のおかげ」

 DeNA・宮崎(首位打者)「出来過ぎ。けがなく1年間やれたのが良かった」

 中日・ゲレーロ(本塁打王)「レベルの高い日本で本塁打王になれて、とても満足している」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)