【侍U24】巨人・田口「今後の日本プロ野球の未来のためにも盛り上げていく」

2017年10月13日6時0分  スポーツ報知
  • キャッチボールをする田口

 侍ジャパン・稲葉篤紀監督(45)の初采配となる「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日・東京D)のメンバーが12日、都内で発表された。指揮官は投の柱として巨人・田口麗斗投手(22)を指名。「今後、投手陣の中心になってもらいたい」と東京五輪へのエースとして期待を寄せた。メンバーは24歳以下または入団3年目以内の選手で構成。オーバーエージ枠3人を含めた25人の若き侍を選出した。

 日の丸を背負う責任感を感じた。田口はG球場での秋季練習後、稲葉ジャパンの柱になる決意を示した。

 「日本代表なので気が引き締まる立場に置かれたなと。プレーで引っ張れるような選手になりたいです」

 メンバーは24歳以下という若い顔ぶれで、高校時代に同じ広島でしのぎを削ったオリックス・山岡、広島新庄高の後輩、日本ハム・堀ら投手陣は11人。田口は唯一、昨年から2年連続2ケタ勝利で首脳陣の期待は高い。昨年11月は小久保ジャパンの強化試合に選出されたが、今回はアジア一をかけた真剣勝負。20年東京五輪の金メダルという大目標への第一歩で、そこへの意識は当然ある。

 「僕らの世代が今後の日本プロ野球の未来のためにも盛り上げていかないといけない。結果を残せる選手が今後も(代表に)残っていくと思う。先のことばかり考えられないですが、いつか(トップチームに)選ばれるように。1年1年積み重ねてやるだけです」

 今回は球数制限なしだが「(今後の)国際試合ではあると思う。自分は三振を取るタイプじゃない。攻めながらもゴロアウトを取って(少ない球数で)長いイニングを投げたいです」とアピールを誓っていた。(片岡 優帆)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ