【巨人】畠、投げ込み徹底で成長宣言!「自分も投げきれるように」

2017年10月14日6時0分  スポーツ報知
  • 巨人・畠

 巨人・畠世周投手(23)が13日、投げ込みの徹底で更なる成長を宣言した。

 今季は7月に1軍デビューし、ルーキーながら6勝4敗、防御率2.99の成績を残したが、シーズンを通してのスタミナ不足が課題に。最長は8回で完投、完封はなし。最多投球数は125球だった。「体力、制球が課題になった。田口、菅野さんは平均投球回が長い。自分も投げきれるように」と振り返った。

 チームで2ケタ勝利を挙げた日本人投手の1試合平均投球回数は、菅野7.49回、田口6.56回に対して畠は5.78回だった。今春のキャンプは入団前の右肘手術の影響で投げ込みができず、シーズンで肩に負担もかかった。来季に向けては走り込みで体力をつけた上で、しっかりと投げ込むつもりだ。「後半戦で6勝。これが来年落ちないように、前半から投げて2ケタ勝てる投手になりたい。投げ込みます!」。実りの秋に腕を振りまくる。(玉寄 穂波)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ