【巨人】「自由契約の方が選択肢広がる」…村田に戦力外通告の鹿取GMに聞く

2017年10月14日7時0分  スポーツ報知
  • 三塁守備で華麗なジャンピングスローを披露する村田

 巨人は13日、村田修一内野手(36)に来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。チームは今季、11年ぶりにBクラス。変革へ若返りを図っていることや、村田が通算2000安打へ残り135本と迫っていることなどを考慮、鹿取GMは「(補償が発生するFAより)自由契約とすることが、彼へのせめてもの誠意」と、苦渋の決断を下したことを明かした。村田は、プレーできるならチームにも条件にもこだわらない姿勢を示した。

 ◆鹿取GMに聞く

 ―決定に至った理由は?

 「特に内野手の若返りを図るということで(村田には)まだ十分、選手としての力はあると思うけど、若返りを図るためにこのようなことになりました」

 ―12年からの3連覇に貢献。

 「非常に感謝しています。特に3連覇中は打撃、守備とも素晴らしかった。負けないような選手をつくらないといけない」

 ―本人の反応は。

 「『はっきり言ってくださって本当にありがとうございました』と」

 ―高橋監督には。

 「若返りを図りたいということで、承諾を得ています」

 ―自由契約以外の選択肢は?

 「もちろんあったが、自由契約の方が、彼の選択肢が広がるということ」

 ―村田が自由契約を求めたわけではない。

 「はい。選択肢を与えたということです」

 ―話し合いはこれまでにあった?

 「ないです」

 ―ジャイアンツ球場などの施設利用は可能?

 「もちろんです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ