【巨人】由伸監督、最終クールは若手見極める 来春へふるい落とし“第1弾”

2017年11月15日6時15分  スポーツ報知
  • 12日には岡本の打撃投手を務めた高橋監督

 巨人の宮崎秋季キャンプは15日から最終クールに突入する。高橋由伸監督(42)は、打ち上げまでの残り5日を来春キャンプにおける1、2軍振り分けの判断材料とする方針を明言した。

 残り5日で実戦は組まれていないが、由伸監督は「それ以降は(選手を)ほとんど見られない。(来春キャンプ振り分けの)要素にはなる」と説明。春季キャンプ1軍メンバーは例年35人程度。地獄の秋季キャンプ最終盤を春季キャンプ、オープン戦と続く来春のふるい落としの“第1弾”と位置付け、厳しい目で見極めていく。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ