【巨人】ドラフト1位鍬原 契約金1億、年俸1500万円+出来高の最高評価で仮契約

2017年11月15日12時30分  スポーツ報知
  • 仮契約を終え東京ドームを背にポーズをとる中大・鍬原拓也

 巨人からドラフト1位指名を受けた中大・鍬原拓也投手(21)が15日、都内のホテルで交渉に臨み、契約金1億円、年俸1500万円、出来高5000万円(金額は推定)の最高評価で仮契約を結んだ。「ホッとしています。親に旅行なりなんなり買ってあげたいなと思います。ここからがスタートラインだと思っているので、親に恩返しできたらと思います」と話した。

 1996年3月26日、岡山・玉野市で生まれた。母・佐代子さんが元SMAP・木村拓哉の大ファンで「拓也」と命名。「自ら道を切り拓(ひら)いてほしい」との願いも込められた。3歳の時に両親が離婚。母と妹と、母の実家がある奈良・橿原(かしはら)市に移住し築50年、3K、家賃4000円ほどの市営住宅で育った。福井・北陸高、中大を経て夢を実現した。

 直球の最速は152キロで、鋭く落ちるシンカーが武器。スライダー、カーブ、フォークも操り今春の東洋大戦で14奪三振完封勝利を挙げるなど、高い奪三振率を誇る。大学では先発もリリーフも経験した。

 この日、担当の柏田スカウトと一緒に同席した岡崎スカウト部長は「投手としてはすごくしなやかで素晴らしい投球をする。明るくて朗らかな好青年。ドラフト1位の契約ということで少し緊張するのかと思いましたが、終始ニコニコしていて度胸があると思いました」と大きな期待を寄せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ