【巨人】中井、高木勇が沢村栄治氏の母校訪問 質問会で爆笑誘う

2017年12月5日18時31分  スポーツ報知
  • 児童らと給食を食べる巨人・中井(中央左)と高木勇

 巨人・中井大介内野手(28)と高木勇人投手(28)が5日、三重・伊勢市を訪れ、同市出身の沢村栄治氏(享年27)の母校・明倫小学校と中井の母校・進修小学校の児童と交流を行った。

 明倫小では「スクールランチ」に参加し、配膳も行った。児童からの質問コーナーでは「足が速くなる方法」を聞かれると、中井は「逆に(その方法を)聞きたい。小1くらいしか速くなかった。そこから落ちる一方です」と真顔で返答。周囲は笑いに包まれた。

 一方の高木勇は「とにかく速く走ること。学校の廊下は絶対走っちゃダメだけど、家の廊下は走ってもいいので、家の廊下を走ってください」と珍回答。児童の保護者や関係者は苦笑いだったが、児童たちは腹を抱えて笑っていた。

 「もし1か月休みが取れるとしたら何がしたいか?」という質問に対して中井は「野球はしない。野球がないところに行きたい。宇宙に行きます」と「宇宙旅行」の願望を明かした。高木勇は「海外に行って英語の勉強がしたい。1か月と言わずにもうちょっと(長く)」と英語習得の夢を語っていた。

 また、体育館では6年生による「沢村栄治物語~リターンズ~」と題した、沢村氏の生涯を描いた劇も行われ、両選手は偉大な先輩の功績を改めて実感。高木勇は「パワーをいっぱいもらった」と笑顔だった。

 続いて進修小では質問会やキャッチボールを披露。母校に“凱旋”した中井は「(現役を)1年でも長くやりたい。今年でプロ10年で、来年11年目。いつまでできるかわからないですけど、できればみんながハタチになるまではやりたい」と後輩たちの前で誓っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)