【巨人】畠世周、菅野に聞いて菅野になる

2017年12月6日6時0分  スポーツ報知
  • ブルペンで投球練習を行った畠

 巨人の畠世周投手(23)が5日、ハワイで合同自主トレを行う菅野を質問攻めにする決意を示した。エースは、先月の契約更改の際に「聞きにくる選手が少ないのは一番気にかけている」と指摘。これを受け、2年目の飛躍を目指す右腕は「しつこいよ、と言われるくらい聞きにいこうと思います」と若手の切り込み隊長として、先陣を切って聞きまくる考えを明かした。

 1年目の今季は、昨秋の右肘手術の影響で出遅れたが、7月以降に先発ローテに定着。6勝4敗、防御率2・99をマークした。シーズン中から菅野には、セットポジションのグラブの位置の微調整など、技術的な助言をもらい、「菅野さんのようになりたいです」と背中を追ってきた。

 最多勝、最優秀防御率、沢村賞を獲得するなど圧巻の成績を残した菅野は、若手を全体的に見て感じたこととして、「何でも聞いてほしい。見て背中から学ぶという選手がいますが、それは限界がある。貪欲さが欠けているように思います」と話していた。畠は「言わないと答えてくれないと思うので」と遠慮せず何でも聞きにいくつもりだ。

 この日はG球場で自主トレを行い、ブルペンで30球。菅野に質問する上で、しっかり自分の考えを整理してからアタックするつもりだ。「菅野さんは昔、細かったと言っていたので、どういうふうに大きくしたのかも聞いてみたい」と早くも“第1問”。身長はエースと全く同じ186センチ。一つでも多くの「エース道」を吸収し、来季は年間通してフル回転する覚悟だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)