【巨人】宇佐見、小学校の卒業文集でランクインした4項目の達成誓う

2017年12月7日6時0分  スポーツ報知
  • 母校の生徒たちと腕相撲する宇佐見(カメラ・佐々木 清勝)

 巨人の宇佐見真吾捕手(24)が、小学校の卒業文集で“ランクイン”した4項目の達成を目指すと誓った。6日、球団のイベント「母校へ帰ろう!」で、千葉県松戸市立幸谷小を訪問。児童と一緒に給食を食べ、キャッチボールをして楽しんだ。文集の企画「何でもランキング」で「オリンピック選手になりそうな人」3位、「制服が似合いそうな人」3位、「バラが似合いそうな人」3位、「美男美女」2位と4項目で上位に入っていたことを、約470人の全校生徒の前で紹介された。

 東京五輪へ向けて「選ばれたらいいですけど、まずはチームでレギュラーを取らないとそこまでの道のりはない」と正捕手・小林の座を脅かすことを誓った。来季は背番号が「27」に変更されるが「27番はいい番号。ドラフトで2人キャッチャーが入ってくる。もっとやらないといけない」と、巨人の制服=ユニホームが似合う男へ気合十分だ。

 11月の秋季キャンプ中に負傷した左手首は「良くなってきている。キャンプに間に合わせるのを前提に考えている」と回復に向かっている。「プロ野球選手は、子どもたちに夢を与える職業」とバラの花が似合うくらいカッコイイ選手に、宇佐見はなる。(小林 圭太)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ニュース 順位表スコア速報
矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook 矢口亨のG-Photobook
今日のスポーツ報知(東京版)