奈紗、ショット乱れ81位発進「アイアンが少し左に飛んでしまう」

2017年2月17日6時0分  スポーツ報知

 ◆米女子プロゴルフツアー ISPSハンダ女子オーストラリア・オープン第1日(16日、豪州・ロイヤルアデレードGC=6681ヤード、パー73)

 米ツアー本格参戦3年目の横峯さくら(31)=エプソン=が4バーディー、3ボギーの72で回り、1アンダーで日本勢最上位の41位で発進した。畑岡奈紗(18)=森ビル=は1オーバーで81位。昨年大会覇者の野村敏京(24)=フリー=は2オーバー99位と出遅れた。キャサリン・カーク(34)=豪州=が8アンダーで単独首位。

 畑岡は強風にあおられて得意のショットが乱れた。11番で3ウッドでの第1打がOBとなり、痛恨のダブルボギー。「流れを止めちゃいました」と悔やんだ。日本勢で一番遅いスタートで強風の洗礼を浴びパーオン率は44・44%。「アイアンショットが少し左に飛んでいってしまう」と唇をかんだ。米ツアーでプロとして初の予選突破に向け「もっと丁寧にゴルフして頑張りたい」と前を向いた。

 ◆WOWOW放送 ISPSハンダオーストラリア女子オープン WOWOWでは大会期間中、連日生中継。大会2日目はWOWOWライブで17日午後1時から生中継。詳細はホームページ(wowow.bs/lpga)で。※終了時間変更の場合あり。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)