吉田弓美子、背筋痛も「気楽に」2位

2017年4月22日7時0分  スポーツ報知
  • 16番ティーを打ち終え笑顔を見せる吉田弓美子

 ◆女子プロゴルフツアー フジサンケイレディス第1日(21日、静岡・川奈ホテルGC富士C)

 堀琴音(21)=東芝=が前半だけで7バーディーを奪って、7アンダー65をマーク。今大会での9ホールの最少ストローク記録を1打更新(29)する会心のゴルフで首位スタートを決めた。1打差2位に吉田弓美子(29)=フリー=。2打差4位に松森彩夏(22)=スターツ=がつけた。3年ぶりの出場となった横峯さくら(31)=エプソン=は、1アンダー71で35位と出遅れた。

 66で回って1打差2位。先週のKKT杯バンテリンレディスでは第2日のプレー途中に背筋痛のため棄権したばかり。「痛みもあるし、テーピングで(背中は)ぐるぐる巻きの状態です」。本調子にほど遠い状態だが「気楽にやろうと思ったのが良かった。グリーン上でも2パットでいいと思っていた」。まさに“けがの功名”で好発進だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)