【全米オープン】ブルックス・ケプカが優勝16アンダー、松山は12アンダー2位タイ

2017年6月19日9時18分  スポーツ報知
  • ホールアウトした松山(左=ロイター)

 ◆米男子プロゴルフツアー 海外メジャー第2戦・全米オープン最終日(18日、米ウィスコンシン州エリンヒルズ=7741ヤード、パー72)

 6アンダーの14位からスタートした松山英樹(25)=LEXUS=は8バーディー2ボギーの66で回り、276通算12アンダーでフィニッシュ、首位に4打差の2位タイだった。

 松山の大会史上2番目の6打差大逆転Vなならず、日本人初の海外メジャー制覇は夢と終わった。優勝はブルックス・ケプカ=アメリカ=が272で回り16アンダー。

 宮里優作(36)=フリー=は9オーバー60位。小平智(27)=Admiral=は3オーバー46位だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)