【全米オープン】丸ちゃん、松山に「『オレ優勝できるんだ』との思い込み大事」

2017年6月20日7時0分  スポーツ報知
  • 丸山茂樹

 ◆米男子プロゴルフツアー 海外メジャー第2戦・全米オープン最終日(18日、米ウィスコンシン州エリンヒルズ=7741ヤード、パー72)

 松山英樹(25)=LEXUS=の海外メジャー第3戦、全英オープン(7月20日開幕・ロイヤルバークデールGC)制覇へ向け、米ツアー3勝で20年東京五輪日本代表ヘッドコーチの丸山茂樹(47)=セガサミーHD=が分析した。

 丸山は千葉県内で行われたテレビ番組の収録後、「すごい星の下に生まれている」と松山を絶賛。「オーガスタで確信できたのが全米にも表れた」と、4月のマスターズ(11位)で最終日にベストスコアタイの67をマークしたことが自信になったと分析した。

 02年全英で1打差5位に入った自身も成し得なかった日本男子初のメジャー制覇に太鼓判を押した。世界ランク2位にも「驚きはない。周りもそこにいて当たり前だと認めている」とし「優勝カップを持っていてもおかしくない逸材。必ず何年かの間に(メジャー優勝が)ある」と期待した。

 勝つための条件として「ああいうところ(トップ)にいる人間は多少なりとも勘違いがある。自分もいい時は思っていた。『オレ優勝できるんだ』と思えば優勝できたり、そういう思い込みも大事」と精神面のアドバイスを送った。「最後は惜しかった。2日目と4日目のゴルフを毎日やること。優勝する選手は4日間継続できる」と偉業が近づいていることを強調した。(岩原 正幸)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)