永野、PING社ドライバーに太鼓判「一言で言えば飛ぶ」

2017年7月11日14時59分  スポーツ報知
  • PING社の新製品発表会に出席した(左から)亀代順哉、永野竜太郎、塚田好宣

 ゴルフ用品メーカー、PING社の新製品発表会が11日、都内で開かれ、9月7日に発売される「G400シリーズ」のドライバーやフェアウェーウッド、アイアンなどが初披露された。

 同社契約の男子5選手がトークイベントに出席。永野竜太郎(29)=フリー=は、G400シリーズのドライバーとフェアウェーウッドを既に実戦投入。「一言で言えば飛ぶ。左右へのばらつきも減って安心して打てます」とその性能に太鼓判を押した。「新しい武器と共に、大きな大会の続く秋口から良い成績を残したい」と、悲願のツアー初優勝に向けて意気込んだ。

 今季からPING社と契約を結んだ飛ばし屋・亀代順哉(22)=フリー=は「3年前からクラブを使っています。ヘッドの安心感があって、曲がらない印象です」とうなずいた。G400シリーズのドライバーをこの日初めて握った。「初速が上がるなど数値が良くなりました」と笑顔。会見場内に設置された試打ブースではヘッドスピード52キロを計測し、326ヤードのビッグドライブも披露するなど、詰めかけた報道陣をうならせた。

 今秋冬もののウェアも同時に公開された。日本限定でジョン・ソルハイム社長が幼少時に作った粘土細工を元に、パターを構えた人のシルエットのロゴが胸に入ったシリーズもお目見え。同ロゴの入ったポロシャツに身を包んだ塚田好宣(47)=フリー=も「このロゴが気に入っています。素材も軽くて、柔らかくて、ベタつかないのでプレーに集中できますね」とPRしていた。

 注目のG400シリーズの新ドライバーは「ブレない。抵抗しない。反発する。」がキーワード。9代目のGシリーズで最も深い重心設計で、空気抵抗を削減。ヘッドは前作よりも少し小ぶりになったが初速も最も速く、高弾道でミスしても左右のブレが少なく、飛距離が出るという。

 6月の男子のメジャー、全米オープンで世界各国の13人が実戦投入した。日本ツアーでもチャン・キム(米国)が、前週の長嶋茂雄招待セガサミーカップでフェアウェーウッドとともに投入。平均飛距離ダントツ1位の319・88ヤードをマークし、今季2勝目となる優勝を飾った。ドライバーはクラブ契約フリーで、今季賞金ランク1位の宮里優作も「飛んで曲がらない」と愛用している逸品だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)