金楷林、通算11アンダーで初優勝 4打差2位に岩橋里衣ら…サマンサタバサレディース

2017年7月16日14時58分  スポーツ報知

 ◆女子プロゴルフツアー サマンサタバサレディース最終日(16日、茨城・イーグルポイントGC)

 単独首位でスタートした日本ツアー初参戦の金楷林が5バーディー、ボギーなしの67をマーク。通算11アンダーまでスコアを伸ばし、2位に4打差をつけて初優勝を飾った。優勝インタビューでは日本語で「ありがとうございました」とあいさつした。

 韓国のユン・チェヨンと岩橋里衣が通算7アンダーで2位。10位から出た成田美寿々が通算6アンダーで5打差4位に入った。上田桃子、堀琴音らが6打差5位。

 韓国のセクシークイーン、アン・シネは70とスコアを伸ばして通算1アンダーで15位。2年連続賞金女王のイ・ボミは71で回って、通算3オーバー33位。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)