藍、41位から浮上36位もストレスたまる

2017年7月17日7時0分  スポーツ報知

 ◆米女子プロゴルフツアー メジャー第3戦 全米女子オープン第3日(15日、米ニュージャージー州トランプナショナルGC)

 今季限りで引退する宮里藍(32)=サントリー=は1バーディー、2ボギーの73で回り、通算2オーバーで41位から36位に浮上した。4打差6位から出た野村敏京(24)=フリー=は73と伸ばせず、3アンダーで6打差10位に後退。葭葉ルミ(24)=富士住建=は連日の76と乱れ4オーバーの51位。フォン・シャンシャン(中国)が9アンダーで首位を守った。

 「伸ばせそうで伸ばせない。フラストレーションがたまる一日」と、もどかしい内容だった。1、12番では1メートル半のチャンスを逃したが「パーパットはよく決まった」と3、7番では3メートル、18番も2メートルを沈めた。メジャーの中でも全米女子OPが子供の頃からの夢舞台。「(感傷的な)気分はない。ようやくグリーンの特徴をつかめた。アンダーパーで終わりたい」と力を尽くす。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)